簡単‼️iDecoスタート5ステップ!

2017年1月から加入対象が広がった確定拠出年金、通称iDeco(アイデコ)。みなさん始めましたか?なんだか金融機関を選んだり、運用商品を選ぶの面倒だなーというあなたに5分で分かるiDecoスタート5ステップお伝えします。だいたいこんな感じですよー

  1. 掛け金を決める
  2. 金融機関選び

  3. 運用商品選び

  4. 加入申込み

  5. 職場で手続き

1.掛け金を決める

   まずは無理のない範囲で毎月の積立金額を決めましょう!毎月5,000円から1,000円単位で掛け金を決められます。職場での年金の加入状況によりますが、掛け金の上限は公務員の方などの12,000円から、自営業者の68,000円まで幅があります。金額の変更も出来ますが、積み立ては長い期間なので、無理のない金額にしましょう。

2.金融機関選び

 はっきり言って、たくさんあり過ぎてわかりません。選ぶ基準は手数料と運用商品のラインナップでしょう。下記のサイトでご覧ください。一律でどこの金融機関でもかかるお金もありますが、それ以外は安いに越したことはありません。「運用中かかる費用(毎月)」の欄の「積立を行う場合」の欄の金額が500円以下なら許容範囲じゃないでしょうか。ちなみに私は銀行口座やら複数あってこれ以上増やしたくなかったので、三井住友銀行にしました。最安ではありませんが、毎月422円です。

手数料を調べる|個人型確定拠出年金ナビ「iDeCoナビ(イデコナビ)」

 お金を預けるのに、お金がかかるの?って銀行預金だと馴染みがありませんが、イデコは掛け金の節税メリットがあるので手数料払ってもお得です。

3.運用商品選び

 理想はバランス型の投資信託で、信託報酬が安いもの。信託報酬の目安は0.2%くらいに抑えられるとベストです。間違っても1%を超えるような信託報酬の商品は選ばないことをお勧めします。ちなみに私は三井住友・DC全海外株式インデックス・ファンドを選び、信託報酬は0.2700%です。

4.加入申込み

  ここまで来たら後は金融機関に申し込みをします。インターネットで申し込みをすると書類が届くので記入をしてその他必要書類を準備します。

5.職場で手続き

 必要書類には職場の証明も必要なので人事とか総務の担当課に依頼をしましょう。

 

以上が主な手続きです。書類を返送し、加入手続きが完了したら後は毎月積み立てを行い、運用状況などをサイトで眺めてみましょう!

 

普段やらない手続きで慣れないとは思いますが、最初の手続きさえ乗り越えれば後は節税にも、将来の備えもなるお得な制度です。是非ご活用を‼️

 

毎度のことですが、運用は自己責任でお願いします。節税効果は人により異なり、所得金額が低い方や運用商品によっては手数料が高くつくこともあります。