深堀り危険!24時間を最適化する検索の心得。

皆さん、気がついたらネットサーフィン何時間もしていたことありませんか?もしくは買いたいものを探してレビューやらあちこちサイトを回って安いところを探していたら、時間が経ってしまっていた経験は誰にでもあるはずです。

インターネットってすごい便利なんですが、いくらでも探すことが出来るので、時間が有り余って暇で暇で仕方がない人を除いて、深堀り危険だよーって話をします。

例えば仕事で調べものをするとか、好きなこと、得意なことで突き詰めているものに、時間はいくらでもかけて良いと思います。

それ以外のことには時間や期限を決めて臨みましょう。なぜならインターネットの世界ってメーカーが出しているオフィシャルな情報から始まり、レビューサイト、2チャンネル、ブログとか際限なく情報は溢れています。その全てを調べる必要なんてなくて、いかに効率よく、質の良い情報を集めるかが必要なことです。

もちろん、私も家電製品を買う際には製品を定めて、メーカーのページを見て、店頭で見て、Amazonでレビューを見て、価格コムで値段を調べてみたいなことはやります。でも必要以上に価格の変動を追いかけたり、ブログのレビューを見始めるといくら時間があっても足りません。そして、結果的に少し安く変えてもそれ以上に自分の時間を費やしています。

家や車の購入でなければ、いくらでもやり直しができるものがほとんどです。ある程度良さそうな商品だなと思ったら自分で買って試してみてみれば良いんです。自分に合わなければメルカリで「ほぼ新品」で売れば買い手もつくはずです。

ひたすらネットで調べて頭デッカチになってしまい、動けなくなってしまっている人、あなたの周りにいませんか?

繰り返しになりますが、「コレだ!」と決めたこと以外は必要以上に追いかけない。

その他のことは必要になった時に調べれば良いと思います。イケダハヤトさんもおっしゃっていたと思いますが、全ての情報を頭に入れておく必要はなくて、情報がどこに入っていたかを整理しておけば良いんです。

言ってみらた「脳のクラウド化」みたいなもんですね。自分の記憶能力は一定なのでそれを超える部分はオンライン上に置いておきます的な。

そんなわけで何にも考えずYouTubeひたすら見ている時間があっても良いと思いますが、なんでもかんでも調べ続けてたらいくら時間があっても足りなくて、ネットサーフィンして終わっちゃうよ!必要な情報集めたら、決断、行動していきましょう!って話でした。